渓流ベイトフィネスとは?

渓流ベイトフィネスとは

 ヤマメ・イワナ・ニジマスなどの渓流魚を対象としたルアーフィッシングで、渓流で使用する軽いルアーに特化したベイトリールと、軽いルアーをキャストしやすいベイトロッドを使用した渓流釣りのことです。

渓流の軽いルアーに特化したベイトフィネスリールの特徴は?

渓流ベイトフィネスのベイトリール選びと2020おすすめベイトリール
渓流ベイトフィネス用のベイトリールの選び方ベイトフィネス用ベイトリールであれば何でもいいの? 近年、バスフィッシングのベイトフィネスブームにより、ベイトリールは急速に進化し、軽量ルアーに対応するベイトリールが、各メ...

スプールが超軽量設計になっている

 ベイトフィネスリールにおいて一番の大切な部分がこの超軽量スプールです。軽量化されたスプールは瞬時に高回転に達し、ルアーの失速に合わせ回転を落とすことが可能になります。

ブレーキの設計が軽量ルアーに最適化されている

 通常のベイトリールと比べ、ベイトフィネスはルアーが軽いため、ルアーの飛んでいく力は弱くなります。その弱い力に合わせたブレーキセッティングになっています。

 スプール・ブレーキの特徴の他、ギヤのハイギヤ化やドラグサウンドが付いたものあります。

渓流の軽いルアーを快適にキャストできるベイトフィネスロッドの特徴とは?

ショートレングスのロッド(4~5.6フィート位)

 渓流ルアーフィッシングは開けた場所でのキャストだけではありません。上下左右を木や岩に囲まれた中でのキャストも多く、そんな中でキャストを快適にするためショートレングスのベイトフィネスロッドが必要になるのです。

主流はしっかりと曲り、乗せ調子のベイトフィネスロッド

 ロッドの調子については、好みによる部分も多いが、主流はロッドがしっかり曲がる乗せ調子が主流です。キャスト時のリリースポイントが広く、狭い場所でのキャストは、ロッドのしなりを利用した手首のスナップで気持ちよくルアーが飛んでいきます。

渓流ベイトフィネスのロッド選びと2020おすすめロッド
渓流ベイトフィネスロッドの選び方 渓流ベイトフィネスのロッドはどのようなロッドがよいのか?長さは?硬さは?バス用のベイトフィネスロッドでもいいの?今後の渓流ベイトフィネスロッド選びの参考にどうぞ。バス用のベイトフィ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました