渓流ルアーフィッシングのランディングネット選び

渓流ルアーフィッシング|渓流ベイトフィネスで使用するランディングネットとは

 ただの道具ではなく自身の個性をアピールするアイテムがランディングネットです。ランディングネットネットには大きさ・形・素材・機能等に違いがありますが柄と枠がウッドの物が主流です。

 最近ではネットの外枠がワイヤーになっていて折りたたむことで小さく収納出来たり、ネット自体がラバーコーティングされ魚に優しいものなど、選んでいるだけでワクワクするものが沢山あります。

 ランディングネットはご自身の個性を表現するアイテムとして選ぶのも良いかも。

柄と枠がウッド素材でネット部分がナイロン糸のスタンダードモデル

 何を選んだらよいか迷ったらこのタイプのランディングネットでOK。価格も安いものが多いので最初の一本にどうぞ。

 ただし、こだわりの木材を使用した味のあるものは数万円の価格になります。

ネット部分がラバー素材の魚にやさしいランディングネット

 ネットの部分がラバー素材なので魚に優しい素材になっています。ナイロン糸のネットに比べ多少価格は高いですが、魚のことを思うならこちらをチョイス。使用している人が多い。

折りたたんで小さく収納できるランディングネット

 ネットの枠が金属ワイヤーになっていて、コンパクトにたためる優れものランディングネット。収納時はコンパクトなので釣行の邪魔になりません。最近人気のモデル。

ランディングネット携帯に便利、ネットホルスター・ネットホルダー

 ランディングネットの携帯は、背中に付けるか腰に差すかに分かれます。どちらが良い悪いは無く、これは好み問題になります。背中に付けるにはマグネットが必要で、腰に差すにはネットホルスター(ネットホルダー)が必要です。

ウェーディングベルトにネットホルスターが付いたタイプ 安定感がよく、携帯に便利

コメント

タイトルとURLをコピーしました