フィッシングプライヤーとフォーセップ

渓流ベイトフィネスの針外し フィッシングプライヤーとフォーセップの比較

渓流ベイトフィネス フォーセップとプライヤー

 釣りの必需品の針外し。渓流ルアーで使用するのはフィッシングプライヤーかフォーセップになります。同じ役目の道具ですが、付属する機能が違います。ご自分のフィッシングスタイルに合わせ選びましょう。

フィッシングプライヤー

 ルアーフィッシングでお馴染みの針外し。針を外す他に、スプリットリングオープナー、ガン玉つぶし(渓流ルアーには必要ない)、ラインカッターなどの機能が追加されている物が多い。

 デザインやカラー、素材から値段まで幅広く存在する。選ぶ楽しみのあるアイテム。フォーセップに比べ先端が大きめか。

 使い方に癖が無いので、初心者にはこちらのフィッシングプライヤーがおすすめです。

フォーセップ

 フライフィッシングの方には馴染みのあるフォーセップ。口の小さな渓魚の針外し機能のみを考えれば、軽量コンパクトで、一度ものを挟むとロック状態となり開かない優れもの針外し。

 フォーセップ特有のロック機能を使用すれば、プライヤーのような専用ケースを必要とぜす、フィッシングベストの邪魔にならない部分に挟んでぶら下げておいてもOKな大きさ。

 一度挟むとロック状態となるので、使用するには慣れが必要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました